SSPH-UT480K PS4用に購入したSSDのカラーと価格改定について

過去に何度かご紹介したPS4用に購入したSSD「SSPH-UT480K」の追加情報です。

 

ポイントは2つ。本体カラーとメーカー希望小売価格。

 

まずはカラーですが、私が購入したのは「SSPH-UT480K」で型番の最後の「K」がカラーを示しています。

 

Kはスモーキーブラック、そしてもう一色は型番の最後が「R」のワインレッド。

 

Rでレッドはわかるけど、Kでブラック?と思うかもしれませんが、K=KURO(黒)でブラックというのはかなり昔から使われている型番でのカラーですね。

 

 

次に価格に関しての情報ですが、その前に・・・

 

 

I-O DATAのポータブルSSDに興味があって調べたことのある人は見たことがあると思いますが、同じ形で3色目のカラーの製品があります。

 

カラーはネイビー(NV)

 

この製品の型番を見ると今までの2色とちょっと違います。

 

シリーズ名は「SSPH-UAシリーズ」

 

従来の2色のシリーズ名は「SSPH-UTシリーズ」ですから、型番の最後の文字が「TとU」です。

 

SSPH-UAシリーズは2019年7月に発売になった新シリーズで従来のSSPH-UTシリーズよりも性能が向上しています。

 

違いは読み込み・書き込み速度。

 

「SSPH-UTシリーズ」は読み込みが約340MB/s、書き込みが約300MB/sに対し、新型の「SSPH-UAシリーズ」は読み込みが約440MB/s、書き込みが約430MB/sと性能がアップしています。

 

容量は従来の「SSPH-UTシリーズ」は240GB、480GB、960GBの3種類でしたが、「SSPH-UAシリーズ」は480GBと960GBの2種類となっています。

 

PS4での使用するには「250 GB以上、8 TB以下の容量」という制限がありますので、容量的には480GBか960GBの2択しかありませんので240GBが無くても問題ありませんね。

 

その他、細かな仕様が知りたい方はメーカーの製品仕様をご覧ください。(https://www.iodata.jp/product/hdd/ssd/ssph-ua/spec.htm

 

ということで、新しい「SSPH-UAシリーズ」も含めて価格についての話です。

 

まずはよくわからないことになっている従来の「SSPH-UTシリーズ」の価格ですが、ネット上で調べると販売価格が様々でこの状態で消費税増税を迎えるとさらにわからないことになってしまいそうです。

 

まぁ購入する側としては安いところで買うわけですが、「同じ製品なの?」「もしかしたら性能が違うのでは?」と思えるくらい販売価格に違いがある販売店も存在します。

 

外観は同じなのに価格が違う「SPH-UTシリーズ」と「SSPH-UAシリーズ」については性能の違いが価格の違いと理解していただけたと思いますが、従来の「SPH-UTシリーズ」にはまだ価格の違いが目立ちます。

 

極論を言えば、「価格の安い販売店のほうが商品管理がきちんと行われている販売店」と言えるかもしれません。

 

というのは、SPH-UTシリーズは2019年7月に価格改定が行われてメーカー希望小売価格がより低価格に変更されています。

 

このメーカーによる価格改定を反映せず、メーカー希望小売価格がそれ以前の高い価格のままになっている販売店が存在するということです。

 

さらに悪質だと思われるのは(故意ではない?)、メーカー希望小売価格は価格改定前の高い価格表示のまま販売価格のみを価格改定後の安い価格に変更してお得感を強調している販売店。

 

購入時には表示されている価格のトリックに注意しましょう。

 

SPH-UTシリーズはどちらのカラーもメーカー希望小売価格は同じ。

 

発売開始当時のメーカー希望小売価格が2019年7月に改訂されて低価格になっています。

 

SSPH-UT240K 7,800円 → 6,600円 (SSPH-UT240Rも同価格です)

SSPH-UT480K 12,200円 → 10,600円 (SSPH-UT480Rも同価格です)

SSPH-UT960K 22,100円 → 18,900円 (SSPH-UT960Rも同価格です)

 

以上のように価格が改定されています。

 

SPH-UAシリーズは販売開始じからメーカー希望小売価格は変更されていません。

 

SSPH-UA480NV 11,700円

SSPH-UA960NV 20,100円

 

先ほどの表示されている価格のトリックについてですが(販売店が早く参考価格を訂正することを強く希望します)、アマゾンでも見つけられます。

 

商品リンクを貼りますが購入時には「OFF」の価格及びパーセンテージには惑わされないでください。

 

参考価格が改定前の価格だと思われる商品が下記リンク先です。(2019年9月28日現在)

 

 

上記リンク先の商品は「アイ・オー・データ機器 SSPH-UT960K USB3.1 Gen1(USB 3.0)/2.0対応ポータブルSSD 960GB スモーキーブラック」となっていますが、参考価格が23,868円、価格が15,986円、OFFが7,882円(33%)と表示されています。(2019年9月28日現在)

 

参考価格として表示されている23,868円は価格改定前の22,100円に消費税8%をプラスした23,868円です。

 

価格改定後の正しい参考価格は18,900円ですから、消費税8%をプラスすると20,412円ですのでOFFの正しい表示は4,426円(21%)となります。

 

同じAmazonで「Amazon’s Choice」と表示されて販売されている同じ型番の商品リンクも貼っております。

 

 

上記リンク先の商品は「I-O DATA ポータブルSSD 960GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT960K/E ブラック」となっていますが、参考価格が14,980円、価格が13,313円、OFFが1,667円(11%)と表示されています。(2019年9月28日現在)

 

ここで参考価格がメーカー希望小売価格よりも安く表示されているという別な問題がありますが、こちらについては「表示価格について」(ヘルプ&カスタマーサービス)、「参考価格に関するAmazonのポリシー」(こちらは適用されるマーケットプライスがアメリカ合衆国となっている情報です)などの情報を読んで理解するしかないのですが、基本的にアマゾンとしては

 

参考価格には、出品者自身または他の出品者が最近その商品を実質的に販売した価格を表示する必要があります。
出品者には、Amazonに提供する参考価格を常に最新の価格にしておく責任があります。

 

というように出品者が正しく表示するものだと理解できます。

 

Amazonの商品ページには「不正確な製品情報を報告」というリンクも用意されていますので、気づいた方はこちらも利用するといいでしょう。

 

もちろん悪質だと思われる出品者にはアマゾンから何らかのペナルティが課せられるのでしょうが、購入時には表示されている価格を十分に確認しましょう。

 

以前よりアマゾンの参考価格については話題になっておりネット上で調べると簡単にたくさんの情報が見つかります。

 

「Amazon 参考価格」等で調べると、例えば・・・

 

Amazonの「参考価格」に注意|消費者庁から再発防止の措置命令

(2017年12月28日の記事)

 

Amazonも努力していると思いますが、販売商品数が莫大ですからなかなか追いつかないというのが実情でしょうね。

 

以下は本日(2019年9月28日)現在、安いと思われるアマゾンの商品です。(SSPH-UT240K、SSPH-UT240RはPS4で使用できないので省きました)

 

SSPH-UT480K

 

SSPH-UT960K

 

SSPH-UT480R

 

SSPH-UT960R

 

SSPH-UA480NV

 

SSPH-UA960NV

 

ということで、結論から言うと「SPH-UTシリーズ」はカラーにこだわりがなければブラックを選びましょう。

 

どうしてもレッドが欲しいという人はアマゾン以外での購入をお勧めします。

 

「SSPH-UAシリーズ」はアマゾンでの購入がお勧めです。

 

SSPH-UT480K/E の大きさ

SSPH-UT480K/E について書いた記事の画像では実際の大きさがよくわからないみたいなので・・・

 

 

Amazonの商品説明には[サイズ]幅:8.0cm×奥行き:8.0cm×高さ:1.5cm / 質量:約55g と掲載されています。

 

 

縦横約8cmの正方形。

 

大きさがわかりやすい画像はどんなのがいいかなと考えた結果・・・

 

 

SSPH-UT480K/E の上にBICのライターを載せてみました。

 

 

こちらもAmazonの商品説明にサイズが掲載されています。

 

  • サイズ:高さ80mm×幅25mm

 

 

これでSSPH-UT480K/E のサイズが想像できるようになったでしょうか?

 

PS4用の外付けSSD SSPH-UT480K/E について

このブログに貼る画像についての話の中でSSPH-UT480K/Eの画像を使いましたが、SSPH-UT480K/E本体については何も書いていませんでしたので、そこんとこをちょっとだけ。

SSPH-UT480K/Eを使うようになった話の発端は我が家のPS4の内蔵HDDが一杯になってしまったことです。

HDDの換装も考えたのですが、調べてみるとどうもPS4の仕様で内蔵HDDよりもUSB3.0の外付けHDDを使ったほうがゲームのロード時間が早いということが分かりました。

そこでパソコン用に使っていた500GBのポータブルハードディスク「HD-AA50GW(東芝製)」をPS4で使うことにしました。

古いハードディスクなのでもうアマゾンでは販売されていません。

まぁ正直に言うと早くなったという実感はありませんでしたが、この時の問題だった容量不足は解消できました。

容量不足は解消できましたので、とりあえずこの外付けHDDを使い続けていたのですが、PUBGのゲーム開始までの待ち時間がどうも気になりだして・・・

そこで「HDDからSSDに変更したら早くなるのでは!」と思いまして、外付けのSSDに変更することにしました。

そこでパートナーさんのPCのスペックアップ用に購入済みだった240GBのSSD「KingDian KD-S280 240GB 」を2.5インチの外付けケースに入れてPS4に接続しようと考えたのですが・・・

PS4に外付けで接続して使えるストレージについて調べてみるとこんな事が書いてました。

PS4ユーザーズガイド > 基本 > 拡張ストレージを使う

USBストレージ機器を拡張ストレージとしてフォーマットすることで、アプリケーションをインストールできます。また、PS4™の本体ストレージからアプリケーションを移動することもできます。
次のUSBストレージ機器を使用できます。

  • 外付けハードディスクドライブ
  • USB 3.0以上
  • 250 GB以上、8 TB以下の容量

ということで、問題は最後の「 250 GB以上、8 TB以下の容量 」

250GB以上の容量が必要なので、240GBのSSDは使えないことが判明。

さてどうしよう・・・

手っ取り早くアマゾンで「PS4 SSD 外付け」で探してみると「ベストセラー」と表示された「I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E」が最初に出てきます。(検索のタイミングにより「スポンサープロダクト」の商品がいくつか先に表示されます)

  • [特長]ハードディスクよりも転送速度が高速な外付SSD(480GB)
  • [対応機種]Windows PC、Mac、PS4、PS4 Pro USB 3.0/USB 2.0 ※動作環境: USB 3.0/USB 2.0いずれかのポートを装備した機種 (USB 3.0/USB 2.0いずれかのインターフェイス商品を装備した機種を含む)
  • [サイズ]幅:8.0cm×奥行き:8.0cm×高さ:1.5cm / 質量:約55g
  • [添付品]USB3.0ケーブル A-Micro B(約30cm)1本、取扱説明書、PS4接続ガイド
  • [その他]1年保証

PS4接続ガイドも付属してますので安心です。

メーカー( アイ・オー・データ )商品ページはこちらです。

上記メーカー商品ページにはPS4の初期搭載HDDとのロード時間の比較等の情報も掲載されています。

以上で SSPH-UT480K/E については終了。

ちなみにさらに容量が必要な方には960GBのSSPH-UT960K/Eがオススメです。

I-O DATA ポータブルSSD 960GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT960K/E

容量が違うだけで外観は全く同じです。

 

画像のテスト

画像のテストです。

iPhoneで撮影した画像の取り込みがうまくいかないので、デジカメで撮影した画像を試したところ問題なく取り込むことが出来ました。

デジカメは旧ブログでも使用していた Canon デジタルカメラ IXY 180 レッド

このデジカメで記録画素数をM2(3M 2048×1536)に設定して撮影。このブログで使用する画像用のフォルダを作って保存。「画像の追加」から「アップロード」。保存したフォルダから画像を選んでという流れでブログ記事内に画像を貼り付けることが出来ました。

iPhoneで撮影した画像のアップロードが出来なかったのはやはり記録画素数の問題でしょうか?例のプラグインが機能していない?そもそも私の使い方が間違ってる?

まぁとにかく無事に画像を扱うことが出来るようになりましたので、とりあえずはこのやり方でやっていくことにします。画像をクリックすると撮影時の原寸大の画像が表示されるなんていうのは必要ないので、これで十分ですね。

問題があるとすればデジカメのバッテリーです。付属していたバッテリーはすでに使い物にならず、2年前にアマゾンで2個セットの互換バッテリーを購入したのですが、それもすでに十分な性能を発揮しなくなっています。

2年前に購入したものはホワイトだったのですが、今はブラックの商品に変わっています。
ちなみに対応機種は

◆CANON
IXUS 125 HS、IXUS 132、IXUS 132D、IXUS 135、IXUS 140、IXUS 145、IXUS 150、IXUS 155、IXUS 165、IXUS 170、IXUS 240 HS、IXUS 245 HS、IXUS 265、IXUS 265 HS、IXUS 275 HS、IXY 100F、IXY 110F、IXY 120、IXY 130、IXY 140、IXY 150、IXY 160、IXY 170、IXY 180、IXY 190、IXY 200、IXY 210、IXY 220F、IXY 420F、IXY 430F、IXY 630、IXY 640、IXY 650、IXY 90F、Powershot SX410 IS、Powershot SX420 IS、PowerShot SX430 IS、PowerShot A2300、PowerShot A2300 IS、PowerShot A2400 IS、PowerShot A2500、PowerShot A2500 IS、PowerShot A2600、PowerShot A2600 IS、PowerShot A3400 IS、PowerShot A3500 IS、PowerShot A4000 IS、PowerShot ELPH 110 HS、PowerShot ELPH 115 HS、PowerShot ELPH 115 IS、PowerShot ELPH 130 HS、PowerShot ELPH 130 IS、PowerShot ELPH 320 HS、PowerShot ELPH 340 HS、PowerShot ELPH 350 HS、Powershot SX400 IS、バッテリーチャージャーCB-2LF

■互換型番
◆CANON
NB-11L、NB-11LH

この互換バッテリーが使えなくなる前に新しいデジカメを買わなくちゃなりませんね。次はNikonにしようかな?

 

デジカメの使用頻度から考えるとこれくらいの機種でも十分すぎると思ってます。

以上、画像テストでした。

PS4対応ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

とりあえず画像を表示してみたいだけの理由で・・・

PS4用に購入したポータブルSSDです。アマゾンの商品ページのタイトルは「I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E」です。

アマゾンへのリンクと共に画像が表示されているということで、そうですアマゾンアソシエイトにこのサイトを登録しました。クリック数などが反映されるまでにはまだ時間がかかるのかもしれませんが、とりあえず手軽に商品画像が使えるというアマゾンアソシエイトに私が一番求めている機能が使えるようになりました。

商品画像は3種類の大きさが用意されていまして、上の画像が「大」サイズです。

こちらが「中」と「小」です。(SSDの大きさが3種類あるわけではありません。アマゾンアソシエイトに用意されている商品画像の大きさが3種類あるということです。まぁそこを間違う人はいないと思いますが・・・)

商品価格も表示したい時はリンク作成から「テキストと画像」を選びます。

するとこのように商品価格も表示されます。

新サイト公開準備でアフィリエイト関連は一番最後にしようと思っていたのですが、どうも画像の取扱がうまくいきません。プラグインとしてインストールしたImsanityが機能してくれないのです。多分私の使い方が間違っているのだと思いますが、私が購入したこのSSDのパッケージ画像をiPhoneで撮影してここに載せようとしたのですが出来ないのです。「画像の追加」-「アップロード」で画像を選択してアップロードしようとすると「 このファイルは、このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。 」と表示されてアップロード出来ません。私が思っていたImsanityはこの時点で画像をあらかじめ設定していた大きさにリサイズしてくれるのだと思っていたのですが、どこが間違っているのでしょうね。

以前のようにデジカメのほうが私には良いのかな?あらかじめデジカメでブログ掲載に適した撮影画素数を設定してから撮影すればリサイズで面倒な手間が必要なくなりますからね。しばらく使ってなかったけどどこに行っちゃたかな?探してみます。

モニターが欲しい

我が家のパソコン部屋は2階にあります。私のメインPCはモニター3台のマルチモニターで使用。中央のモニターはPS4と共用でした。

1階の広いスペースでPS4で遊ぶようになりPS4を移動することになったのですが、1階のテレビが古くてPS4を接続できないためメインPCで使用していたモニターの1台を使うことにしました。

メインPCのモニタのうち2台は古いBenQの21.5インチ E2220HD、あとの1台は比較的新しい同じくBenQの24インチ RL2460。みんなで遊ぶのならできるだけ大きいモニターのほうが良いだろうと24インチのRL2460を1階に移動。

そのまま現在も24インチのモニターは1階です。モニター3台での使用に慣れていたためメインPCはちょっと使いづらい現状。しかも2台の21.5インチモニターのうちの1台がPC起動時にスリープから復帰しないことが頻繁に発生していました。

ところが最近になって今度はもう一台の21.5インチモニターに不具合が出始めました。カラーと解像度の調整に問題が出始めたみたいです。

ということで、新しいモニターが欲しいのです。

1階のPS4用に使っているBenQの24インチ RL2460はとりあえずそのまま。メインPC用のモニターを新たに1台購入というのが一番現実的かなと考えているところです。不具合の出ている2台のモニターはもう少し我慢しながら使用を続けて、新たに購入するモニターをメインに使用という感じですね。

候補としてはRL2460がいい感じでしたので、後継機種のRL2460Sかなと考えています。

こういう話の時はやはり商品画像が欲しいですね・・・

過去のブログではアマゾンアソシエイトに登録していたので商品画像を簡単に使えたのですが、このブログはまだ登録していません。もちろん登録予定ですが、もう少し更新して自分でブログ全体の感じがつかめてからにしようと思っています。

今後のアフィリエイト利用についてもこのブログのどこかに書く予定です。

ついでにコメントの利用ですが、現状はコメントを受け付けていません。この新サイトが正式公開となってからコメントの利用を開始しようと思っています。(どうなったら正式公開なのかは聞かないでください・・・)

新サイト準備に疲れたのでPUBG

やっと、ほんの少しずつ動き始めた新サイトの準備ですが、慣れないことと知識不足ですぐに頭の中が飽和状態に・・・

無理して長時間作業をしても進まないし何も良いことはないと判断。

ブログ更新の作業確認も兼ねて「これからPUBGをやるぞ!」という記事を書いているわけです。

PUBGはPS4、Xbox One、PC、さらにはモバイル版もあるわけですが、PS4とXbox Oneについての公式情報は「PUBG CONSOLE 日本公式」(Twitter)で確認できます。

現在はサイバーパスシーズン3「Wild Card」を実施中。