クローン失敗からの新規インストール

記事タイトル通り、ノートパソコンはクローン失敗からの新規インストールとなりました。

利用したソフトウェアは EaseUS Todo Backup Free です。

SSDは「裸族のお立ち台USB3.0」に挿してノートパソコンに接続。

 

SSDはKingDian S280 240GB

 

 

「裸族のお立ち台USB3.0」はAmazonで後継機種の「裸族のお立ち台USB3.0 V2」がAmazon’s Choice として販売されています。

 

 

HDDからSSDにクローンをコピーする準備は出来ましたが、肝心のクローンを作ることに失敗してしまいました。

「セクターの書き込みに失敗しました。」というエラー。

私のように EaseUS Todo Backup Free でクローンを作ることに失敗した方々が書かれているブログを参考にして、必要ないファイルを削除して、ディスクのクリーンアップをして、チェックディスクコマンドも「/R」付きで実行。いろいろと試したのですが、「セクターの書き込みに失敗しました。」というエラーは無くならず・・・

ということで、クローンはあきらめて新規インストールすることに。

どうせなら最新のインストールメディアを作ろうと思いMicrosoftのサイトからWindows 10 のツールをダウンロード。

Windows 10 のダウンロード

「別のPCにWindows 10 をインストールするためにインストールメディアを作成」と進もうとした時に、我が家に8 GB 以上の空き領域がある空の USB メモリーが無いことが発覚。

さっそくAmazon でUSBメモリーを注文。


次の日にUSB メモリーが届きましたので、新規インストール作業再開。

HDDを取り出してSSDと交換。

新たに作成したインストールメディアを利用して新規インストール。

HDDからSSDへの換装は新規インストールでもその違いが分かるほど作業は早く終わりました。

起動も終了も以前とは比較にならないくらい速くなりました。

まぁ1 TB のHDDから240 GB のSSDへと容量はかなり少なくなってしまいましたが、このノートパソコンの現在の使い方とすればブラウザさえ動いてくれればいいのでこの容量で十分です。

SSDが3599円、USBメモリーが890円、合計4489円でスペックアップ完了。

ということで、特に内容もありませんが今回のノートパソコンのスペックアップはこれにて完了です。

 

2019年7月30日 | カテゴリー : PC・PS, 自作PC | 投稿者 : ターちゃん

ノートパソコンのスペックアップ

2階のパソコン部屋が暑いので、本日は1階のエアコンのある部屋からお送りしております。

2階のパソコン部屋にもエアコンと呼ばれる機械は置いてあるのですが・・・

「置いてある」というのがキーワード。

置いてあるのはこれです。

トヨトミ スポット冷暖エアコン ホワイト TAD-22JW(W)

毎年モデルチェンジ(マイナーチェンジ)が行われているので、我が家で使っているものとは型番も違うし若干仕様が異なると思われますが、基本の部分はほぼ同じでしょう。

現在アマゾンで販売されているのはこちら。

実は2階のパソコン部屋は方角とか構造上、我が家で一番熱くなる部屋でこのトヨトミのエアコンでは能力不足。外気温が30度を超えると冷房能力的に無理。それでも除湿機能は体感できるくらいわかりますので、無いよりはマシですが。

本日の最高気温は32度。週間天気予報ですと34度と予想されている日もありますので昼間は無理ですね。2階のパソコン部屋は夕方以降に利用可能の予定です。

ということで、1階のエアコンのある涼しい部屋にいるわけですが、問題はパソコン環境です。

普段使っているのはデスクトップPCです。その都度、わざわざ2階から1階に持ってくるのは現実的ではありません。

こんなときに活躍するのが、某息子の彼女からもらったノートパソコン。
東芝ダイナブック「T552 / 58HKD」です。
2013年春モデルです。

メーカー商品ページはこちらです。

このノートパソコンにはまた別な話があるのですが、その話はまた別な機会に(以前にP-ROOMに書いたかな?)

CPUは Core i73630QM 。「i7」という我が家で一番優秀そうな名前のCPUが載っかってるPCです。

ですが、やはりWindows 8 時代のパソコンということで、起動時間等は快適な使用感とは言い難い状態。

メインPCのスペックアップにはまだまだ時間がかかりそうですので、このノートパソコンを先に何とかしようかなと思います。

まぁ何とかするといっても出来るだけ低予算でということで、今すぐに出来ることはSSDへの換装ですね。

先程のメーカーの商品ページに書いてあるように、このノートパソコンには1TBのHDDが搭載されています。「1TBハイブリットドライブ」とはいってもHDDです。SSDに換装すれば速くなるだろうと思います。

ということで、以前にPS4の外付けストレージの話で出てきました240GBのSSDがありますので、これを使いたいと思います。

「1TBから240GB?」と思われる方もいると思いますが、現在このノートパソコンのHDDの使用容量は100GB程度ですので、特に問題は無いと思います。

このノートパソコン、過去にいろいろありまして、いわゆるメーカー製のパソコンに入っているはずのアプリ等が一切入っていません。はっきり言って、OSも最初のものと違います。

極端な話、普段の使い方は「ブラウザさえ動いてくれたらOK!」という感じですので240GBで十分だと思います。

さて、考えている実際の作業ですが、今回はクローンを作ってSSDを換装しようと思います。

USB接続の外付けケースに空のSSDを挿してフォーマット。そこにHDDの情報をそっくり移して、出来上がったSSDをHDDと交換して出来上がりという予定です。

まずは現状のHDDの整理から。いらないものは削除。出来るだけ軽い状態にしてから換装作業に移りたいと思います。

そういえば、手持ちのSSDがこのノートパソコンに使えるかどうか調べてないけど大丈夫かな? HDDの整理より前にそこからスタートですね。

2019年7月28日 | カテゴリー : PC・PS, 自作PC | 投稿者 : ターちゃん

ESET セキュリティソフト

我が家のPCにはESETのセキュリティソフトを使用しています。

定期的にAmazonで安く販売されるのですが、次の7月31日9時からの「63時間のビッグセール タイムセール祭り」でまた販売されるみたいです。

「セール開始の通知を受け取ろう」の下の「ちょっと見せます目玉商品」の画像にESETセキュリティソフトの画像が掲載されています。

そのさらに下にはカスペルスキーセキュリティソフトもありますが、私的にはESETセキュリティソフトのほうが使いやすいですね。

カスペルスキーも実際に以前使ったことがあります。まぁそれなりに良かったのですが、確か何か問題があったんですよね・・・

P-ROOMの古い記事に何か書いてあると思うのですが、もう忘れてしまいました。

2019年7月27日 | カテゴリー : PC・PS, T-MONO | 投稿者 : ターちゃん

6740、9263 から 4005、6632 へ

皆さんの株式投資には全く役に立たない取引情報の時間です。

さて、ヤフーとアスクルの戦いはアスクル側がヤフーに売渡請求権行使の構えというニュースが入っています。

アスクル社長、ヤフーに売り渡し請求権行使の構え-資産査定開始 (by Bloomberg)

株価に対する影響はアスクルが前日の2704円から+73円(+2.70%)の2777円まで上昇。

ヤフー株式会社は前日の327円から-3円(-0.92%)の324円。ソフトバンクグループは前日の5604円から+61円(+1.09%)の5665円となりました。

あとは日産自動車が前日の766円から-25円(-3.21%)の741円。トヨタ自動車は前日の7222円から-71円(-0.98%)の7151円。

今日のところはあまり興味のあるニュースが私にはありませんので、こんな感じです。

さて、私は今、株取引で何をしているかと言いますと「6740、9263」 から 「4005、6632」 へ資金を移動している最中です。

6740と9263にはまたしばらく大きな動きはないだろうという根拠のない理由。とはいえ、6740はまたいつ突然動き出すかわからない感じは残ってますが・・・

4405は8月に入れば動きがありそう。まぁどちらに動くのかは不明ですが・・・

6632は私の期待でしかありません。

ということで、全て根拠のない考えからの行動です。

資金を動かしていると言っても完全な一方通行ではなく、特に9263については少し下がればまた買いに動きます。

6740はとりあえず減らしていくほうが強いかな?

あとは日銭稼ぎに何故か9704を掴んでしまったので、ちょっと動きが悪くなっております。もう少しフットワークの軽いところを選べる目を養わなければ・・・

まぁどうのこうの言っても、私の場合限られた少ない資金でやってますのでどうしようもありません。

それでも何とか今月はプラス収支で終われそうですので、まぁ良かったかな。

私の利用している楽天証券はこちらです。

えいご漬け

Amazon購入履歴

ハイブリッド版という言葉はまだ死語じゃないのかな?

WindowsとMacintoshの両方で使うことのできるソフトウェアのことを昔はハイブリッド版と言ったんですが今でも使ってます?

ということで、このソフトウェアはハイブリッド版です。

もちろんとっても古い商品。私が購入したのは2003年です。

Nintendo DS でも発売されていたようですが、現在もまだ販売されています。

ちゃんとWindows 10 対応となっているみたいです。

さらに時代の流れと言いますか、ダウンロード版も用意されていました。

PS4用の外付けSSD SSPH-UT480K/E について

このブログに貼る画像についての話の中でSSPH-UT480K/Eの画像を使いましたが、SSPH-UT480K/E本体については何も書いていませんでしたので、そこんとこをちょっとだけ。

SSPH-UT480K/Eを使うようになった話の発端は我が家のPS4の内蔵HDDが一杯になってしまったことです。

HDDの換装も考えたのですが、調べてみるとどうもPS4の仕様で内蔵HDDよりもUSB3.0の外付けHDDを使ったほうがゲームのロード時間が早いということが分かりました。

そこでパソコン用に使っていた500GBのポータブルハードディスク「HD-AA50GW(東芝製)」をPS4で使うことにしました。

古いハードディスクなのでもうアマゾンでは販売されていません。

まぁ正直に言うと早くなったという実感はありませんでしたが、この時の問題だった容量不足は解消できました。

容量不足は解消できましたので、とりあえずこの外付けHDDを使い続けていたのですが、PUBGのゲーム開始までの待ち時間がどうも気になりだして・・・

そこで「HDDかSSDに変更したら早くなるのでは!」と思いまして、外付けのSSDに変更することにしました。

そこでパートナーさんのPCのスペックアップ用に購入済みだった240GBのSSD「KingDian KD-S280 240GB 」を2.5インチの外付けケースに入れてPS4に接続しようと考えたのですが・・・

PS4に外付けで接続して使えるストレージについて調べてみるとこんな事が書いてました。

PS4ユーザーズガイド > 基本 > 拡張ストレージを使う

USBストレージ機器を拡張ストレージとしてフォーマットすることで、アプリケーションをインストールできます。また、PS4™の本体ストレージからアプリケーションを移動することもできます。
次のUSBストレージ機器を使用できます。

  • 外付けハードディスクドライブ
  • USB 3.0以上
  • 250 GB以上、8 TB以下の容量

ということで、問題は最後の「 250 GB以上、8 TB以下の容量 」

250GB以上の容量が必要なので、240GBのSSDは使えないことが判明。

さてどうしよう・・・

手っ取り早くアマゾンで「PS4 SSD 外付け」で探してみると「ベストセラー」と表示された「I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E」が最初に出てきます。(検索のタイミングにより「スポンサープロダクト」の商品がいくつか先に表示されます)

  • [特長]ハードディスクよりも転送速度が高速な外付SSD(480GB)
  • [対応機種]Windows PC、Mac、PS4、PS4 Pro USB 3.0/USB 2.0 ※動作環境: USB 3.0/USB 2.0いずれかのポートを装備した機種 (USB 3.0/USB 2.0いずれかのインターフェイス商品を装備した機種を含む)
  • [サイズ]幅:8.0cm×奥行き:8.0cm×高さ:1.5cm / 質量:約55g
  • [添付品]USB3.0ケーブル A-Micro B(約30cm)1本、取扱説明書、PS4接続ガイド
  • [その他]1年保証

PS4接続ガイドも付属してますので安心です。

メーカー( アイ・オー・データ )商品ページはこちらです。

上記メーカー商品ページにはPS4の初期搭載HDDとのロード時間の比較等の情報も掲載されています。

以上で SSPH-UT480K/E については終了。

ちなみにさらに容量が必要な方には960GBのSSPH-UT960K/Eがオススメです。

I-O DATA ポータブルSSD 960GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT960K/E

容量が違うだけで外観は全く同じです。

Google Search Console エラー修正済み

Google Search Console のモバイルユーザビリティで発生していたエラーの修正は完了しました。

エラーは2件。

1件目は「クリック可能な要素同士が近すぎます 」というエラー。

エラーが発生していたのは「新しいPCの製作準備の準備を開始」の記事内。

記事内の「さて、何にしよう?」のあとの文章。

2行にリンク。その後にYouTubeの動画という配置が近すぎることにより「 クリック可能な要素同士が近すぎます 」というエラーが発生していたようです。

これは改行を挟んで行間を広げることにより対処しました。

2件目は 「 コンテンツの幅が画面の幅をこえています 」というエラー 。

こちらは先程のYouTubeの動画を含め3ヶ所の幅が大きいことが原因でした。

PlayStation®4 Lineup Music Video 「夢の中へ」ft. suis from ヨルシカ」内のYouTube動画。

ワイルド・スピード ターボ・エディション」内の YouTube動画。

新しいPCの製作準備の準備を開始」内の YouTube動画。

以上の3ヶ所の YouTube動画の幅(width)を300に変更してエラーに対処しました。

言ってみれば初歩的なエラーですよね。まだまだ正式公開には時間がかかりそうですね・・・

初歩からはじめるREALbasic―REAL Software公認オフィシャルガイドブック (MAC POWER BOOKS)

Amazon購入履歴

この本って今でも役に立つのでしょうか?

初歩からはじめるREALbasic―REAL Software公認オフィシャルガイドブック (MAC POWER BOOKS)

REALbasic(リアルベーシック)は、Real Software社によって開発されたソフトウェアの開発ツール
日本では株式会社アスキーソリューションズが代理店となり販売およびサポートを提供していたが、2007年4月に開発元であるReal Software社に移管されることが発表された。 (by Wikipedia)

MacのCPUがPowerPCプロセッサからIntelプロセッサに変更になったため、この本が販売されていた頃の REALbasic は現在のMacでは動かないようです。

ちなみにWikipediaのREALbasicの記事に記載されている外部リンクのReal Software 社 (日本語)というリンクは日本語ではなく、さらに Real Software社 ではなくWikipediaの記事内でも紹介されているXojo社のサイトにリンクしています。

Google Search Console

Google 検索での掲載順位を改善する

Search Console のツールやレポートを使うことで、サイトの検索トラフィックや掲載順位を測定できるほか、問題を修正し、Google 検索結果でのサイトの注目度を高めることができます

検索アナリティクスでコンテンツを最適化する

どのようなクエリでユーザーがサイトにアクセスしているかを確認できます。Google 検索でのサイトのインプレッション数、クリック数、掲載順位を分析できます。

コンテンツを Google のインデックスに登録する

クロール用にサイトマップや個別 URL を送信します。インデックス カバレッジで、Google に最新のサイトが表示されることを確認できます。

問題が検出されたら通知を受け取り、サイトを修正する

サイト上で問題が検出されると、メールで通知が届きます。その問題の影響を受ける URL を確認し、修正が完了したら Google にお知らせください。

Google 検索でのページの表示を確認する

URL 検査ツールを使用すると、各ページのクロール、インデックス登録、検索結果に関する詳細情報を Google インデックスから直接入手できます。

サイトを最適化し、改善する:

AMP
Search Console のツールやレポートで AMP ページの管理、テスト、トラッキングを行えます。

モバイル ユーザビリティ
カスタマイズされたレポートで、サイトのモバイル ユーザビリティをテストし改善することができます。

リッチリザルト
レシピ、求人情報などの構造化データは Google 検索にリッチリザルトとして掲載できます。リッチリザルトの管理、改善に Search Console レポートをご利用ください。

ということで、Google Search Consoleを利用しているのですが、モバイルユーザビリティでエラーが2件表示されました。

1件は「クリック可能な要素同士が近すぎます」、もう1件は「コンテンツの幅が画面の幅をこえています」

「クリック可能な要素同士が近すぎます 」というエラーは、各段落に行を増やせば解決できるのかな?

「 コンテンツの幅が画面の幅をこえています 」というエラーは、ページに埋め込んだYouTubeの動画のようです。「共有」から「埋め込む」を選んで、表示されているHTMLをコピーするだけで出来ちゃうのですが、「width」を調整しろということでしょうね。実際にはモバイルに表示されているのをクリックすると適切なサイズで動画が再生されるようなのですが、調整したほうが見た目は良くなりますよね。ということで、あとで修正します。

新しいPCの製作準備の準備を開始

ということで、新しいPCの製作準備の準備を開始します。

まずはいろいろと決めなくてはいけないことがあるわけですが・・・

PC本体の話の前にこのブログでの呼称を決めなくてはならないと思っています。

私の自作PCは旧ブログ「P-ROOM(旧タイトル・ターちゃんのパソコン部屋)」の時から、私が使うメインPCを1号機、パートナーさんが使うPCを2号機、その他の使用目的のPCを3号機(4号機まで存在したときもありました)と呼んでいました。

しかし、メインPCである1号機を新しくする時にメインパーツを新しいモノに交換、取り外したパーツとストックしているパーツ等を組み合わせて2号機をスペックアップ。さらに2号機で使わなくなったパーツとストックしているパーツを組み合わせたり、利用目的に合わせて購入したパーツとストックしているパーツを組み合わせて3号機を製作することがほとんどで、まるまる1台を新しいパーツで組み立てることはほとんどありませんでした。

1号機の製作でメインパーツをほぼ全て新しいパーツで製作した記憶があるのは2010年9月。ドスパラ の購入履歴に残っていました。

1 CPU INTEL Core i5-760 BOX(1156/2.80/8M/1333)
2 ソフトウェアS MS Windows7 Home Premium 32bit DVD(DSP)
3 メモリ SPJ SP004GBLTU133S22(DDR3 PC3-10600 2GBx2)
4 HDD(内蔵) HITACHI 0S02600 BOX(SATA2 500GB 7200 16M)
5 グラフィックカード Palit NE5TX460FHD79(GTX460 768M GDR5 1A1D1H)
6 マザーボード ASRock P55 Extreme4(P55 1156 DDR3 ATX)

上記以外のパーツは他の店舗や通販で購入したと思います。

ということは、どういうことになるかというと1号機で使っていたパーツが数ヶ月から数年後には2号機で使われていて、私のPCブログをコンスタントに読んでいるコアな人以外は数年後に2号機に関する記事を読んで「このパーツを使っていたのは1号機じゃなかった???」となってしまうわけで・・・

まぁどんな名前にしたとしてもある程度時間が経つとパーツが違うPCに入っているわけですからPCの名前と中身のパーツの組み合わせは変わってしまうのですが・・・

新しいブログを始めたので、この機会にPCの呼称も変えようと思い立ったわけです。(ちなみにこの記事を書いている際に、「呼称」と「故障」のアクセント問題がパートナーさんとの間で勃発しましたが、アクセントは同じだということで決着しました)

さて、何にしょう?

初号機・弐号機 ( 新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年6月公開  これでは今までと同じ・・・)

太郎・花子 (和風に仕上げてみましょうか? 一太郎と花子というのもありか?ジャストシステム?)

ケンとメリー (若い人にはわからないだろうから却下! 若くない人は下の動画をごらんください)

ボケは3つくらいにしといて・・・

新しい呼称をとは思ったのですが、やっぱり1号機・2号機のままが簡単でいいのかな?

まぁ何か思いついたら発表します。

2019年7月22日 | カテゴリー : PC・PS, 自作PC | 投稿者 : ターちゃん