Fire TV Stickを見るために Wi-Fi親機の限界

1階の部屋に置いたPCモニタにつないだFire TV Stick。

 

サウンドバーの充電問題は解決しましたが、もう一つの問題はWi-Fiです。

 

1階の同じ部屋なのに置き場所を変えたらWi-Fiが繋がりにくくなってしまいました。

 

いろいろと試したり調べたりしてみたところ、原因はWi-Fi親機にあることが判明。

 

我が家のWi-Fi環境は親機が2階のパソコン部屋、1階に中継器という構成だったのですが、どうも親機がすでに寿命を迎えているようで・・・

 

まぁ古い機種ですからね~

 

 

親機はNEC Aterm WG1200HS、中継器はNEC Aterm WF1200HP。

 

親機のWG1200HSは2015年5月発売、WF1200HPは2014年1月発売。

 

なぜ購入日を書かないかと言いますと、どちらもヤフオクで中古を手に入れたからです。

 

WG1200HSは親機としての機能しかありませんが、WF1200HPは親機、中継器、子機として使用することができます。

 

ということで、すでに寿命だと思われる親機WG1200HSをあきらめて、中継器として使っていたWF1200HPを親機にしてみました。

 

WF1200HPを1階から2階のパソコン部屋に移動して親機として設定、すると今までは1階に中継器がないと弱かったWi-Fiが今までよりも少し強くなりました。

 

今まで親機として使っていたWG1200HSはもしかしたら最初から出力が弱かったのかもしれませんね。

 

とりあえずFire TV Stickは何とか見れるようになったのですが、常に快適な状態で見ることが出来るのか不安だったので、秘密兵器をアマゾンで購入しました。

 

それが本日到着しましたので・・・

 

ということで、続きは次回に。