ブログ

PC・PS、マネー、気になるもの、その他新しいことも始めます

ブログ一覧

Fire TV Stickを見るために Wi-Fi親機の限界からの有線LAN

無線LAN親機NEC Aterm WG1200HSが機能の限界を迎え、2階に親機、1階に中継器(NEC Aterm WF1200HP)という環境に変更。

 

1階のFire TV Stickを見るということに関しては、設置場所の関係もあり(2階の親機と位置的に近い)以前よりもWi-Fiが強くなり、とりあえず見られる状況になりました。

 

ただし、全体としては我が家のWi-Fi環境のレベルは下がってしまい、1階でのスマホの利用に関して言えば以前よりもWi-Fiが弱くなった場所のほうが多い状況に。

 

この件に関しては近い将来中継器を設置して以前のような環境に戻そうと思っています。(製品の選択等はこれからです)

 

さて、とりあえず見られるようになったFire TV Stickですが、さらにインターネット環境を改善するために秘密兵器投入。

 

それがこれです。

 

 

Amazon イーサネットアダプタ

 

対応機種はFire TV Stick 4K、Fire TV Stick (第2世代)、Amazon Fire TV (第3世代)。

 

今回は我が家にWi-Fi環境が無かったころに使用していた2階から1階へ伸びた有線LANをしようします。

 

 

パッケージはこんな感じ。

 

 

「有線接続で、優れた通信スピードと安定性を実現」という商品説明通りWi-Fi環境で利用するように作られたFire TV Stickを有線で利用できるようにするアダプタです。

 

 

パッケージの蓋を開けてまず気づいたのは、本体のamazonの文字がシールだということ。

 

 

Amazonの商品ページの画像は明らかに本体に「amazon」という文字が刻まれているように見えるのですが、実際の商品は本体にシールが貼られていました。

 

 

接続方法が書かれた説明書(日本語ページあり)

 

 

セットアップはとても簡単。Fire TVに接続したイーサネットアダプタに、電源ケーブルとルーターからの有線ケーブルをつなげるだけ

 

 

この端子をFire TVと接続。

 

 

アダプタ本体にLANケーブルと電源ケーブルを接続します。

 

 

ネットワークスピードは「10/100 イーサネット」と表示されています。

 

ということで、このイーサネットアダプタを利用することでFire TV Stickの問題は完全に解消されました。

 

残るはスマホのWi-Fi環境の改善。

 

中継器を利用するのが一番簡単かなと思っているのですが、もう少し考えてみます。

 

Fire TV Stickを見るために Wi-Fi親機の限界

1階の部屋に置いたPCモニタにつないだFire TV Stick。

 

サウンドバーの充電問題は解決しましたが、もう一つの問題はWi-Fiです。

 

1階の同じ部屋なのに置き場所を変えたらWi-Fiが繋がりにくくなってしまいました。

 

いろいろと試したり調べたりしてみたところ、原因はWi-Fi親機にあることが判明。

 

我が家のWi-Fi環境は親機が2階のパソコン部屋、1階に中継器という構成だったのですが、どうも親機がすでに寿命を迎えているようで・・・

 

まぁ古い機種ですからね~

 

 

親機はNEC Aterm WG1200HS、中継器はNEC Aterm WF1200HP。

 

親機のWG1200HSは2015年5月発売、WF1200HPは2014年1月発売。

 

なぜ購入日を書かないかと言いますと、どちらもヤフオクで中古を手に入れたからです。

 

WG1200HSは親機としての機能しかありませんが、WF1200HPは親機、中継器、子機として使用することができます。

 

ということで、すでに寿命だと思われる親機WG1200HSをあきらめて、中継器として使っていたWF1200HPを親機にしてみました。

 

WF1200HPを1階から2階のパソコン部屋に移動して親機として設定、すると今までは1階に中継器がないと弱かったWi-Fiが今までよりも少し強くなりました。

 

今まで親機として使っていたWG1200HSはもしかしたら最初から出力が弱かったのかもしれませんね。

 

とりあえずFire TV Stickは何とか見れるようになったのですが、常に快適な状態で見ることが出来るのか不安だったので、秘密兵器をアマゾンで購入しました。

 

それが本日到着しましたので・・・

 

ということで、続きは次回に。

 

Fire TV Stickを見るために 3個口コンセントタップ & USB充電 2ポート

1階の部屋でFire TV Stickを見るためにPCモニタとサウンドバーに接続していたのですが、2点ほど問題が発生。

 

まずは1点目の問題。それはアマゾンで購入したサウンドバーの充電問題。

 

まぁ全てはFire TV Stickをテレビに接続していれば何も問題なんてなかったのですが、今回はPCモニタを利用したのでこんなことになったのですが・・・

 

PCモニタは古いBenQの21.5インチモニタ。BenQ 21.5型 LCDワイドモニタ E2220HD(グロッシーブラック) E2220HDです。

 

古すぎてすでにアマゾンでも販売していません。

 

 

一応、スピーカー内蔵なのですがFire TVを見るにはあまりにも音が悪いので、サウンドバーをアマゾンで購入しました。

 

FarmerTech Bluetoothスピーカー PC サウンドバー マイク内蔵 『2019アナウンス無し版』 USB-DAC ワイヤレス 10W 2.0ch テレビ TV/PC対応 Soundbar Speaker シアターバー USB5.0 AUX TFカード対応 高音質 日本語取扱説明書

 

 

Bluetooth接続で10Wの出力、リモコンも付属していてという低価格なサウンドバーですが、21.5インチのモニターでFire TVを見るには十分です。

 

大容量バッテリー搭載で約2.5時間の充電で最大6時間の連続再生が可能。

 

ということで付属のUSB充電ケーブルで充電しなくてはいけないのですが、BenQのモニタにはUSB端子が4つありましたのでそこから給電できると思い接続。

 

最初は良かったのですが、そのうち音が出なくなってしまいました。サウンドバーが「ローバッテリー」で言ってる・・・

 

結論、BenQのモニタのUSB端子では充電できないことが判明。

 

我が家にはサンドバーのために使える適当なUSBコンセントが無い。

 

ということで購入。

 

トップランド(TOPLAND) 3個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート 急速充電2.4A 合計1400Wまで M4145

 

3口のコンセントが付いていてUSB充電ポートが2つついているタイプではアマゾンで一番安いと思われる商品です。

 

 

 

大きさはコンセントとUSBからご想像ください。

 

 

3コンセント電源 + USB充電

 

 

180度回転スイングプラグ

 

 

カラーはたぶんこのホワイトだけだと思います。

 

 

急速充電2.4A

 

 

注意書きには下記のように書かれています。

  • 使用するケーブルや機器によりメインポートを使用できない場合があります。  その場合はもう一方のUSBポートを使用してください。
  • 機器によっては2台同時充電ができない場合があります。  その場合は片方のUSBポートのみを使用してください。

 

 

これが180度回転スイングプラグです。

 

 

90度はコンセントに挿すことを考えると当たり前ですが・・・

 

 

くるっと回って本体に収納されちゃいます。旅行に最適?(今はほとんどのホテルの部屋でUSB充電が可能ですが・・・)

 

ということで、モニタとFire TV Stickの電源を取っているコンセントにこれを挿して使うことにしました。

 

これでサウンドバーの充電問題は解決です。

 

次の問題は設置場所を移動したことによるWifiの問題です。

 

 

SSPH-UT480K PS4用に購入したSSDのカラーと価格改定について

過去に何度かご紹介したPS4用に購入したSSD「SSPH-UT480K」の追加情報です。

 

ポイントは2つ。本体カラーとメーカー希望小売価格。

 

まずはカラーですが、私が購入したのは「SSPH-UT480K」で型番の最後の「K」がカラーを示しています。

 

Kはスモーキーブラック、そしてもう一色は型番の最後が「R」のワインレッド。

 

Rでレッドはわかるけど、Kでブラック?と思うかもしれませんが、K=KURO(黒)でブラックというのはかなり昔から使われている型番でのカラーですね。

 

 

次に価格に関しての情報ですが、その前に・・・

 

 

I-O DATAのポータブルSSDに興味があって調べたことのある人は見たことがあると思いますが、同じ形で3色目のカラーの製品があります。

 

カラーはネイビー(NV)

 

この製品の型番を見ると今までの2色とちょっと違います。

 

シリーズ名は「SSPH-UAシリーズ」

 

従来の2色のシリーズ名は「SSPH-UTシリーズ」ですから、型番の最後の文字が「TとU」です。

 

SSPH-UAシリーズは2019年7月に発売になった新シリーズで従来のSSPH-UTシリーズよりも性能が向上しています。

 

違いは読み込み・書き込み速度。

 

「SSPH-UTシリーズ」は読み込みが約340MB/s、書き込みが約300MB/sに対し、新型の「SSPH-UAシリーズ」は読み込みが約440MB/s、書き込みが約430MB/sと性能がアップしています。

 

容量は従来の「SSPH-UTシリーズ」は240GB、480GB、960GBの3種類でしたが、「SSPH-UAシリーズ」は480GBと960GBの2種類となっています。

 

PS4での使用するには「250 GB以上、8 TB以下の容量」という制限がありますので、容量的には480GBか960GBの2択しかありませんので240GBが無くても問題ありませんね。

 

その他、細かな仕様が知りたい方はメーカーの製品仕様をご覧ください。(https://www.iodata.jp/product/hdd/ssd/ssph-ua/spec.htm

 

ということで、新しい「SSPH-UAシリーズ」も含めて価格についての話です。

 

まずはよくわからないことになっている従来の「SSPH-UTシリーズ」の価格ですが、ネット上で調べると販売価格が様々でこの状態で消費税増税を迎えるとさらにわからないことになってしまいそうです。

 

まぁ購入する側としては安いところで買うわけですが、「同じ製品なの?」「もしかしたら性能が違うのでは?」と思えるくらい販売価格に違いがある販売店も存在します。

 

外観は同じなのに価格が違う「SPH-UTシリーズ」と「SSPH-UAシリーズ」については性能の違いが価格の違いと理解していただけたと思いますが、従来の「SPH-UTシリーズ」にはまだ価格の違いが目立ちます。

 

極論を言えば、「価格の安い販売店のほうが商品管理がきちんと行われている販売店」と言えるかもしれません。

 

というのは、SPH-UTシリーズは2019年7月に価格改定が行われてメーカー希望小売価格がより低価格に変更されています。

 

このメーカーによる価格改定を反映せず、メーカー希望小売価格がそれ以前の高い価格のままになっている販売店が存在するということです。

 

さらに悪質だと思われるのは(故意ではない?)、メーカー希望小売価格は価格改定前の高い価格表示のまま販売価格のみを価格改定後の安い価格に変更してお得感を強調している販売店。

 

購入時には表示されている価格のトリックに注意しましょう。

 

SPH-UTシリーズはどちらのカラーもメーカー希望小売価格は同じ。

 

発売開始当時のメーカー希望小売価格が2019年7月に改訂されて低価格になっています。

 

SSPH-UT240K 7,800円 → 6,600円 (SSPH-UT240Rも同価格です)

SSPH-UT480K 12,200円 → 10,600円 (SSPH-UT480Rも同価格です)

SSPH-UT960K 22,100円 → 18,900円 (SSPH-UT960Rも同価格です)

 

以上のように価格が改定されています。

 

SPH-UAシリーズは販売開始じからメーカー希望小売価格は変更されていません。

 

SSPH-UA480NV 11,700円

SSPH-UA960NV 20,100円

 

先ほどの表示されている価格のトリックについてですが(販売店が早く参考価格を訂正することを強く希望します)、アマゾンでも見つけられます。

 

商品リンクを貼りますが購入時には「OFF」の価格及びパーセンテージには惑わされないでください。

 

参考価格が改定前の価格だと思われる商品が下記リンク先です。(2019年9月28日現在)

 

 

上記リンク先の商品は「アイ・オー・データ機器 SSPH-UT960K USB3.1 Gen1(USB 3.0)/2.0対応ポータブルSSD 960GB スモーキーブラック」となっていますが、参考価格が23,868円、価格が15,986円、OFFが7,882円(33%)と表示されています。(2019年9月28日現在)

 

参考価格として表示されている23,868円は価格改定前の22,100円に消費税8%をプラスした23,868円です。

 

価格改定後の正しい参考価格は18,900円ですから、消費税8%をプラスすると20,412円ですのでOFFの正しい表示は4,426円(21%)となります。

 

同じAmazonで「Amazon’s Choice」と表示されて販売されている同じ型番の商品リンクも貼っております。

 

 

上記リンク先の商品は「I-O DATA ポータブルSSD 960GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT960K/E ブラック」となっていますが、参考価格が14,980円、価格が13,313円、OFFが1,667円(11%)と表示されています。(2019年9月28日現在)

 

ここで参考価格がメーカー希望小売価格よりも安く表示されているという別な問題がありますが、こちらについては「表示価格について」(ヘルプ&カスタマーサービス)、「参考価格に関するAmazonのポリシー」(こちらは適用されるマーケットプライスがアメリカ合衆国となっている情報です)などの情報を読んで理解するしかないのですが、基本的にアマゾンとしては

 

参考価格には、出品者自身または他の出品者が最近その商品を実質的に販売した価格を表示する必要があります。
出品者には、Amazonに提供する参考価格を常に最新の価格にしておく責任があります。

 

というように出品者が正しく表示するものだと理解できます。

 

Amazonの商品ページには「不正確な製品情報を報告」というリンクも用意されていますので、気づいた方はこちらも利用するといいでしょう。

 

もちろん悪質だと思われる出品者にはアマゾンから何らかのペナルティが課せられるのでしょうが、購入時には表示されている価格を十分に確認しましょう。

 

以前よりアマゾンの参考価格については話題になっておりネット上で調べると簡単にたくさんの情報が見つかります。

 

「Amazon 参考価格」等で調べると、例えば・・・

 

Amazonの「参考価格」に注意|消費者庁から再発防止の措置命令

(2017年12月28日の記事)

 

Amazonも努力していると思いますが、販売商品数が莫大ですからなかなか追いつかないというのが実情でしょうね。

 

以下は本日(2019年9月28日)現在、安いと思われるアマゾンの商品です。(SSPH-UT240K、SSPH-UT240RはPS4で使用できないので省きました)

 

SSPH-UT480K

 

SSPH-UT960K

 

SSPH-UT480R

 

SSPH-UT960R

 

SSPH-UA480NV

 

SSPH-UA960NV

 

ということで、結論から言うと「SPH-UTシリーズ」はカラーにこだわりがなければブラックを選びましょう。

 

どうしてもレッドが欲しいという人はアマゾン以外での購入をお勧めします。

 

「SSPH-UAシリーズ」はアマゾンでの購入がお勧めです。

 

Amazonから到着 トリプルモニタの3台目 21.5インチから24.5インチへ

前回のAmazon Fire TV Stickを1階で見るために使用したのが、2階のパソコン部屋にある1号機のトリプルモニタのうちの1台(BenQ 21.5インチモニタ)でした。

 

 

ということで、今までの21.5インチの代わりに使うためにアマゾンで購入したのが今回のI-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ GigaCrysta PS4 FPS向き 0.8ms TN HDMI×2 DP EX-LDGC251Tです。

 

 

もちろん反応の速いTNパネルです。

 

 

パッケージオープン

 

 

パッケージの上部を開けると付属品のケーブル類がありました。DisplayPortケーブルは1.8mのモノが付属しています。

 

 

この状態から本体と台座を取り出します。

 

 

台座の前部には溝がありスマホスタンドにもなります。

 

 

今回はモニタアームに取り付けますのでこの台座は使いません。

 

 

映像の入力端子はHDMI×2 / DisplayPort×1 / アナログRGB×1 です。

 

 

モニタの各種設定用のボタンは裏側にあります。

 

 

VESAマウントは100mmピッチ

 

 

ということで、使わないネック部分は取り外します。

 

 

ネジ2本を外して、真ん中のボタンを押しながら下に引き抜くと外れます。

 

 

詳しくは説明書をご覧ください。

 

 

モニタアームに固定する準備

 

 

今回は付属のDPケーブル(1.8m)ではなく、別に購入した3.04mのモノを使用します。

 

 

これでもかといろんな国の言葉でディスプレイポートケーブルと書かれていますがアマゾンベーシックの製品です。

 

 

3.04mと中途半端なのは10ft(フィート)という規格だからです。

 

 

パッケージもシンプル、中もケーブルが入っているだけです。一応コネクターにはキャップが付いてました。

 

 

モニタアームに取り付けてセッティング完了。

 

過去にP-ROOMでも恒例でした私の汚い机の上の画像を公開します。(余計なものもいっぱい写っていますが無視してください)

 

 

今度またこのような画像をご覧いただく時には、綺麗な画像を載せたいといつも思っているのですが、なかなか綺麗な状態になりません。

 

多分次回も汚いでしょう。

 

ということで、これにてモニタのお話は終了。

 

次回は・・・まだ未定。ちょっとパソコンから離れるのも良いかな?