換気扇を取り付けました

本日の最高気温は30℃を下回りました。

これならパソコン部屋の環境改善のための作業が出来る、ということで本日は換気扇を取り付けました。

以前にAmazonに注文した商品が届いたことだけはご報告していた換気扇です。

高須産業のツインファン

パッケージにも「取り付けカンタン!!」と書いていますが、本当に簡単に取り付けられました。

今回、この高須産業のツインファンを取り付けるのはこちらの窓です。

1年を通して全くと言っていいほど開けることのない窓でしたが、今年のこの猛暑を考えるとパソコン部屋を何とかしなくてはならないわけで、出来ることは何でもやってみようということで、この窓に換気扇をつけることにしました。

ということで、パッケージオープン。

製品の材質からすると、明らかに緩衝材が少ない、というか無いですね。

まぁどこも壊れてはいませんでしたので、これで大丈夫なのでしょう。

本体の下に説明書や他のパーツが入っています。

本体を取り出しても、ダンボールしか無いという、本当に緩衝材が少ない。

このツインファンは商品名のとおり2つのファン(吸気と排気)があるのですが、本体は取り出したら取り付けるだけの状態になっています。

上記画像が換気扇をを取り付けた時に窓の外側になる側です。

画像のように細かな網が付いていますので虫の侵入も防いでくれそうです。

今回の取り付け場所は換気扇の外側にさらに網戸がありますので、虫の侵入は大丈夫だと思います。

本体以外の付属パーツは上記画像で全てです。

隙間テープも付属しています。

必要な作業は窓枠の高さに合わせるためのパーツを、本体下部に取り付けるだけです。

説明書を見ながらやれば、特に難しいところもありませんでした。

サッシの内窓のレールに取り付ける予定だったのですが、レールの左端にあるストッパーが外れません。

ストッパーが外れないと取り付けた時に、換気扇とサッシの左端が空いてしまうため、今回はレールではなく更に内側の木製の窓枠に取り付けることにしました。

レールではなく、今回のように取り付けるための部品も入っています。

上の画像は窓枠の下部分の取付部品。

そして上記画像が窓枠の上部分の取付部品です。

本体左端が当たる窓枠に隙間テープを貼ってから、本体を固定しました。

取り付けにサッシのレールが使えるのなら、今回のような取り付けるための部品も必要ないので、もっと簡単に取り付けは完了します。

必要なのは窓の高さに合わせて、本体下部にパネルを入れる作業だけですね。

今回は防犯のため、サッシの窓のストッパーも購入しました。

窓ロック サッシ ストッパー 4個 セット 補助錠 ベランダ 窓 鍵 防犯

ここにしか使わないので4個すべて使いました。

2階の窓とはいえ、隣の建物との距離が近いので用心に越したことはありませんからね。

ということで、あっというまに取付作業は完了です。

換気口の無い部屋でしたが、この換気扇が部屋の中の温まった空気を外に逃がしてくれるでしょう。

ツインファンなので、新鮮な外気を取り込むことも出来ます。

次のパソコン部屋の環境改善はメインの作業、1階のエアコンのある部屋の冷気を、2階のパソコン部屋へ取り込むための穴を開ける作業です。

明日の最高気温は・・・

また30℃を超えそうですね。

次の作業はまた涼しい日が来たらやろうと思っています。

とはいえ、あまりのんびりしていると本当に涼しくなっちゃって、冷房に関するパソコン部屋の環境改善が必要ない気温になっちゃいますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です