思ったように進まない作戦行動

北海道では来週になると最高気温が20℃を下回る日も出てきそうだというのに・・・

こちら秘密基地No.12の所在地では、まだまだ暑い日が続きそうです。

少なくとも今月中の最高気温は30℃以上が続きそうですし、来週半ばまでは予想最高気温が33℃という日があるようです。

秘密基地No.12のリアルなコントロールルームは2階のパソコン部屋です。

一日も早くパソコン部屋での作業が再開出来るように、少しずつですが行動を開始しています。

DIYが必要な次の行動は1階の天井と2階の床を繋ぐという作業です。

古い家ですので、何でもありです。秘密基地No.12から離れて、住みやすくするという話ではさらに壁に穴をあける計画もあります。とにかく家の中の空気の流れが悪いという構造上の欠陥ですね。

家の話は別として、とりあえずの優先順位としては、やはり2階のパソコン部屋の環境改善が最優先です。

最終的な完成は未だ届いていないAmazonに注文済みの商品を待たなくてはなりませんが、出来ることを先にやってしまおうと思っています。

使うのは・・・

NESHEXST ホールソー ホールソー ドリル 工具

とにかくこれを使って穴を開けないことには始まりません。

天井裏の状態がわからないと穴の場所を正確に決めることが出来ないのですが、穴を開けてみないと何もわからないというのが正直なところです。

ですから、まずは1階の天井と2階の床に穴を開けて、どうなっているかを確かめてから後のことを考えます。

簡単な作業で済みそうなら、とりあえずダクトを通して、天井に排気ファンを取り付けて、電源を確保して、2階の床からはダクトホースがニョキッと飛び出したままの状態で排気ファンを起動。

2階への冷気の上がり具合と排気ファンの振動を確かめて、問題があればその対策を考えるという流れです。

1日で終る作業なのか、1週間かかる作業なのかはやってみなくてはわかりません。(ほとんどの作業が初めてのことですから)

1階の部屋を冷やすためのエアコンの動作と2階へ冷気を上げる排気ファンの動作は、iPhoneから遠隔で出来るように準備は整っています。

計画はほぼ完璧そうなのですが、絶対に何か起きるというのも今までの経験からわかっていること。

でも、こういうのって何か起きた時にその対処を考えるのが楽しかったりしますよね。

そのくらいの気持ちでいなくては、こんな事は出来ません。

そういう仕事を職業としてやっている人以外で、天井と床に穴を開けてダクトで繋ぐという作業をする経験はなかなかないと思います。言ってみれば貴重な経験です。

この経験がまたいつか役に立つこともあるでしょう・・・(無いだろうな・・・)

とにかく、パソコン部屋が何とかなってくれないとブログを更新するネタもありません。

パソコン部屋の作業環境が整えば、すでに購入して届いているモノを使って、いろいろとやることが待っています。

パソコン関連は特に、水冷のCPUクーラーもモニターアームも、新しいモニターもありますし、自作パソコン3号機の電源スイッチだって用意できてます。

せっかく3画面から4画面のマルチモニターにしようと購入したモニターアームとモニターは、届いてから一度も箱から出していません。CPUクーラーもそうです。まだパッケージのフィルムも剥がしていません。

パソコン関連以外にも以前から予定している作戦行動がありますし、放出物資の準備作業も始めなくてはなりません。

やること、やりたいことはたくさん待ってます。

それなのに、今言えることは・・・

「もう少々お待ち下さい」

以上です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です