PROOM2 今後の予定

PROOM2の今後の予定です。

CloudReadyを使った訳ありノートPCのChromebook化は完了しました。ただし、使い道がまだ決まっていません。

名もなきPC(旧自作パソコン2号機)は基本パーツが古いため、このままでは現役引退が確実です。

そこで、今度は名もなきPCもCloudReadyを使ってChromebox化するのはどうだろうと考えています。

Googleが今後CloudReadyをどのようにしていくのかによって使い勝手が変わっていくのでしょうね。

Google、古いPCをChromebookにするOS「CloudReady」のNeverwareを買収 ( ← ITmedia NEWSより)

名もなきPCをChromebox化するまえにやっておかなければならないことがあります。

それは訳ありノートPCと同じように、現在使用中のOS(Windows)の移動です。

PCの性能的にはもうWindows 10 での運用には限界がありそうですから、ここはやはり新たなPCを1台作って、そこにWindowsを移しちゃうという方法が良いかな。

というか、ただ単に新しいPCを作りたいだけですが・・・

どうせ作るなら、何かはっきりとしたコンセプトを持って作りたいところ・・・

ゲーミングPCとデイトレPCはとりあえず完成しました。

普段のサイト更新はデイトレPCで行っているのですが、サイト更新専用のPCを新たにつくると、デイトレPCの4画面という環境に慣れてしまっているので、サイト更新も画面数が減るのはちょっと不便。

4台のモニターとキーボード、それとマウスを2台のPCで切り替えて使えるようにする方法もあるのでしょうが、それだとどちらかのPCを使っている時にもう一台のPCは表示出来ないことになってしまいますよね。

考えたんですが、6画面にしてそのうちの2台だけを切り替えて使えるようにするのはどうでしょう?

デイトレPCとサイト更新用のPCを同時に使いたいということもあり得ますから、その時はモニターを4+2台で使えるようにして、たとえばデイトレPCで4画面でサイト更新用は2画面として使う。

サイト更新用で4画面使いたいときは表示している6画面のうちの2台をデイトレPC用からサイト更新用へと切り替えるという使い方はどうでしょうか?

現在のモニターの配置は縦2×横2の4画面ですが、これを縦2×横3の6画面にして中央の2台は切り替えて使えるようにするとうまくいきそうなのですが・・・

名もなきPCにはBenQの古い21.5インチモニター(E2220HD)が接続されています。

このモニターを利用して、もう1台は新たに購入。

これら2台のモニターを今使っているのと同じ縦並び2アームのモニターアーム(グリーンハウス GH-AMDA2V)を使って設置。

4画面で使っているモニターは24インチくらいのを使っていますから、その左側に増設してサイト更新用専用にして、中央の2台を切り替えようのモニターにしたらどうでしょう。

ということはサイト更新用のPCも4画面出力にしなくてはいけませんから、デイトレPCで使っているのと同じグラフィックボードにしようかな・・・

ASUS GT710-4H-SL-2GD5

ということは、あと問題は中央2台のモニターをどうやって切り替えるか?

それとキーボードとマウスの切り替えも考えなくてはなりませんね~

デスクスペースが広ければそれぞれのPCに専用のキーボードとマウスが用意できるけど、スペースを考えると切り替えながら使うのが現実的かなと・・・

そのあたりをもう少し調べてみようと思います。

とりあえずPROOM2の今後はこんな感じです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です