Fire TV Stickを見るために Wi-Fi親機の限界からの有線LAN

無線LAN親機NEC Aterm WG1200HSが機能の限界を迎え、2階に親機、1階に中継器(NEC Aterm WF1200HP)という環境に変更。

 

1階のFire TV Stickを見るということに関しては、設置場所の関係もあり(2階の親機と位置的に近い)以前よりもWi-Fiが強くなり、とりあえず見られる状況になりました。

 

ただし、全体としては我が家のWi-Fi環境のレベルは下がってしまい、1階でのスマホの利用に関して言えば以前よりもWi-Fiが弱くなった場所のほうが多い状況に。

 

この件に関しては近い将来中継器を設置して以前のような環境に戻そうと思っています。(製品の選択等はこれからです)

 

さて、とりあえず見られるようになったFire TV Stickですが、さらにインターネット環境を改善するために秘密兵器投入。

 

それがこれです。

 

 

Amazon イーサネットアダプタ

 

対応機種はFire TV Stick 4K、Fire TV Stick (第2世代)、Amazon Fire TV (第3世代)。

 

今回は我が家にWi-Fi環境が無かったころに使用していた2階から1階へ伸びた有線LANをしようします。

 

 

パッケージはこんな感じ。

 

 

「有線接続で、優れた通信スピードと安定性を実現」という商品説明通りWi-Fi環境で利用するように作られたFire TV Stickを有線で利用できるようにするアダプタです。

 

 

パッケージの蓋を開けてまず気づいたのは、本体のamazonの文字がシールだということ。

 

 

Amazonの商品ページの画像は明らかに本体に「amazon」という文字が刻まれているように見えるのですが、実際の商品は本体にシールが貼られていました。

 

 

接続方法が書かれた説明書(日本語ページあり)

 

 

セットアップはとても簡単。Fire TVに接続したイーサネットアダプタに、電源ケーブルとルーターからの有線ケーブルをつなげるだけ

 

 

この端子をFire TVと接続。

 

 

アダプタ本体にLANケーブルと電源ケーブルを接続します。

 

 

ネットワークスピードは「10/100 イーサネット」と表示されています。

 

ということで、このイーサネットアダプタを利用することでFire TV Stickの問題は完全に解消されました。

 

残るはスマホのWi-Fi環境の改善。

 

中継器を利用するのが一番簡単かなと思っているのですが、もう少し考えてみます。